teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:137/352 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

クイーンシャーロット島

 投稿者:mark  投稿日:2009年 3月10日(火)10時09分29秒
  通報
   アンタレス船長 ご無沙汰しています。間寛平いよいよLA到着ですね。明日午前入港で、68日の航海でした。衛星回線を使って日々更改するプログを見ることが出来る劇場型の冒険で、PCを開けば太平洋航海を疑似体験出来るのですから、凄い時代になったものです。

 私の今夏の長期航海計画は、BC州の北限、アラスカ国境に近いクイーンシャーロット島に決めました。ハイダ族インディアンの故里で、南島の突端にはハイダ族の朽ち果てつつあるトーテンポールの遺跡が残り、やがて消え去る世界唯一の自然遺産でもあります。

 前世紀に白人の毛皮交易商が天然痘を持ち込み、絶滅を恐れたインディアンは小さな島を捨てて、南島の北、現在のクイーンシャーロットの町に移り住み、トーテンポールは朽ちるに任せているのです。

 この近くにはホット・スプリング島があって、大自然の温泉に入るのも楽しみです。クインシャーロット南島の半分は今もってインディアンの土地です。インディアンがカナダ政府の引渡し要求を拒否しているからです。露天風呂には夏の間インディアンの監視人がいて、入湯料$20を請求されるらしいです。

 全航程は1300マイル、7月下旬に出発して1ヵ月程度の長期航海になります。バンクーバー島周辺の海ではロックコッドというアラのような深場の魚が禁漁なのですが、クイーンシャーロットでは釣ることが許されていますし、浅場では赤子の頭ほどもある雲丹が獲れ、深場では蟹も海老も獲れるようなので楽しみです。

 昨日は今シーズンの初乗りでした。朝方は強風が吹き、兎が飛んでいましたが、11時頃には収まり、午後3時頃までセーリングしました。15、6ノットの良い風で結構いい走りでしたよ。

 帰港間際にエンジンが掛からず、非常用に設置したジャンプコードを使いましたが、昨日長老ジョージと若手のメカニックが調べたら、イグニッションに連結したリレー・スイッチが壊れていることが判明、明日ヤンマーの代理店に部品が入るとのことなので、手に入れば今週中にも修理を終えます。

 22日にこちらを出てハワイで一週間程日光浴して、28日に日本入り、4月中旬に帰国しますが、時間に余裕があったらまたメールいたします。
                                   Mark
 
 
》記事一覧表示

新着順:137/352 《前のページ | 次のページ》
/352