teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:1/1536 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

旧暦七夕

 投稿者:日蝕貧乏知恵者猫  投稿日:2020年 8月25日(火)19時05分16秒
  通報 返信・引用 編集済
  今日は旧暦「七夕」
今は「伝統的七夕」とも呼ばれます。

宵の空に少し太った上弦(半月)前のお月様が見えます。
七夕は、新暦だと月の形は毎年変わってしまいますが、旧暦だと必ず七日ですから、ほぼ同
じ形のお月様が見られます。
この月の形を船に見立て、牽牛は「月の船」に乗って織女に会いに行くという伝説もあ
るとか。(でも、見かけ上、月は牽牛(彦星)からはかなり離れて見えます。彦星が天高く
にある頃、月は西の空低く…)

当地、お天気良いので見えそう。
お忙しい時間だと思いますが、旧暦七夕の宵、少し手を休めて夜空を眺めながら伝説に想い
を馳せてみてはいかがでしょう? :)

ちなみに、20時頃、織姫星(こと座ヴェガ)・彦星(わし座アルタイル)は天頂付近にあり
ます。
この頃、月は既に南西の空低くなので、山や建物がある場所ならばもう少し早めの時間に眺
めるのが良さそう。
(場所によって月の高さは変わるので、厳密にはアプリなどで事前チェックお願いします!)

そして、南東から南寄り(月を眺めていたら左側)に目をやれば、木星(明るい方)と土星
も輝いていますが、このあたりは天の川が一番明るい「いて座」付近になります。

空の暗い場所ならば、彦星と織姫の間を分かち、木星と土星のあるあたりに流れ落ちる天の
川が見えるでしょうね。
そんな夜空の下に行きたいなぁ!!☆彡


画像は、9月上旬のアラスカ・フェアバンクスで撮影した「夏の大三角形」
アラスカでは、織姫と彦星は天の川とオーロラに隔てられています。(;^_^A
これはオーロラ待ちの間のお遊びスナップで、オーロラはごく薄いのですが…分かるかな?
なお、地平線が赤いのはオーロラではなくて、残念ながら街明かりなのです。
.

http://www.bekkoame.ne.jp/i/lummox/

 
 
》記事一覧表示

新着順:1/1536 《前のページ | 次のページ》
/1536